早漏にはダポキセチンが有効

これまで早漏といえば陰茎の皮膚が過敏症になって起こることも示唆されていましたが、最近ではそれに加えて日頃のストレスや不安感などの精神的な面から早漏を引き起こしていることもあると言われています。
この点に関しては個人差もありますので、もしご自分が性行為中に早漏気味になっていると感じた場合には一度は専門医に相談されてみることをお勧め致します。

ダポキセチン(Dapoxetine)は、この早漏症の治療に用いられる医薬品に配合される成分です。
この成分を配合した医薬品は様々な製品名にて販売されていますが、いずれもダポキセチンの配合量に差異がありますのでお好みのものをチョイスされると良いでしょう。

そして、このダポキセチン配合薬を服用しますと、陰茎が勃起する上で必要となる脳の働き(自律神経にある交感神経・副交感神経)をコントロールし、勃起力の維持や早漏の防止に繋がります。
アメリカで長期間に渡って行われた臨床試験ではダポキセチンを30mg服用したグループが約2分47秒、60mgを服用したグループが約3分19秒、普段よりも射精するまでに掛かる時間を遅らせることに成功したようです。
他にも、泌尿器科学会が行った臨床試験では、プラセボ薬と比較してダポキセチン配合薬は3~4倍もの射精時間の延長に効果があったと報告されています。

昨今では既に、日本人男性の多くが抱える早漏の悩みを解決する特効薬のように用いられており、ダポキセチンの成分特許も解除されて安価なジェネリック医薬品も多数登場しておりますので、早漏にお悩みの方は一度お試しになってみてはいかがでしょうか。
ダポキセチンを利用して早漏克服することで、きっと私生活にも張りが出て楽しく元気な毎日を送ることができるはずです。

↓オススメです。
ポゼット