包茎と早漏の関係性

包茎で悩んでいる男性は多いのが現状ですが、以前から早漏との関係が指摘されています。
亀頭が包皮に隠れてしまっていることで刺激に弱くなっていることが理由となります。
そのため僅かな刺激に過敏に反応してしまうため、早漏となってしまうのです。
しかし包茎と早漏の関係性は、刺激によるものだけではないことが分かっています。
包茎と早漏との間に因果関係はないとするのが最近の見解となっています。
早漏は刺激に慣れていないことで起こるものではなく、精神的な理由が原因となっている事が多いのです。
医学的にも包茎と早漏の関係性は証明されていないため、外的な要因よりも内面的な要因が影響しているのです。
自慰をすると早漏になりやすいとされていますが、その理由は自分本位に射精してしまう点にあります。
快楽を得るだけの射精ですから、性行為を行っても相手が満足するうちに射精してしまうケースがあるのです。
早漏に対する定義は明確に定まっていないのが現状です。
しかし現実には女性が満足する前に射精してしまうことを早漏といいますので、肉体的な特徴とともに技術的な物も関係してくるのです。
一般的にはパートナーが満足する前に射精をしてしまう精神的な未熟さが原因となっているのです。