病院の早漏治療は料金が高い

ED治療などでの病院の診療は、基本保険が適用されません。
100%自己負担という形になっています。
もちろんの事その為の必要な薬、バイアグラやレビトラなどの薬も保険が使えません。
料金が高いのはその為であります。
病院の早漏治療も同じく保険が使えません。
全体的にED治療はお金がかかってしまうわけであります。
これは日本国内では保険が使えないということですが、アメリカなどは、保険が使えるという国が認めた病気になっております。
では日本ではなぜ認められないであるのかといいますと、一時的な性行為を目的とした勃起機能の低下や早漏といった自己的な都合は、直接病気だと認めないということが言われております。
しかしながら、泌尿器科の学会などは、ED治療を保険で適応してもらうように呼びかけております。
しかしこれも長い年月で訴えていることでありますが、中々実現しないのが残念な所であります。
現在もその訴えは続けております。
その間は、保険の適用なしでの治療を行う形であり高い医療費を払い続けなければいけません。
ED患者にとってはかなり辛く、コストがかかる所であります。
ここが今後の医療界での課題にもなっていくわけであります。