ラナケインによる早漏克服効果とEDと早漏の違い

ラナケインは、虫刺されやあせも、しもやけなどの皮膚のトラブルによる痒みを止める治療薬です。親水性の塗り薬で、ステロイド成分は配合されていません。また、メントール系の添加物も配合されていないので、スースーすることもありません。使用を禁止されているのは、乳幼児やアレルギー症状を起こした人です。つまり、これ以外の人であれば、使用できるということになります。

ラナケインは、塗った部分の感覚を鈍くする作用があるので、本来の使い方とは異なりますが早漏克服にも効果的です。つまり、男性性器にラナケインを塗り込むことにより、性行為時に受ける性的な刺激が少なくなります。持続時間が長くなることにより、早漏克服につながることになります。

早漏は、痛みや不安を緩和する為に分泌される物質が原因の症状です。この物質により興奮してしまうので、勃起時に少しの性的刺激ですぐに射精することになります。つまり、精神的な問題が関係しているということであり、悩みがストレスにつながると早漏克服は難しくなります。これが、EDと早漏の違いとなっている部分です。

EDと早漏は、原因も症状の内容にも違いがあるので、改善の方法も異なっています。また、EDと早漏を併発している様な場合も考えられるので、それぞれに対して適切な治療を実施しなくてはなりません。EDに対してはバイアグラなどの世界的に有名な治療薬が開発されているので、それらを使用するということが具体的な方法となります。

一方の早漏克服は精神的な問題が関係しているので、ストレスや悩みは症状を悪化させます。逆に、成功を積み重ねることによりストレスは解消されるので、原因物質の生産が止まるために症状は改善されます。